【就活】大学の就職課をもっと使ってください

大学の就職課には、その大学の就職実績が蓄積されています。自分の大学からどんな企業に入れるのか?レベル感も含めて1度調べてみましょう。また、特に理系の推薦などは就職課にも情報が集約化されています。その情報を得るためにも就職課に顔を出しましょう。

また、就職課は対面での模擬面接なども対応してくれるでしょう。就職活動は人物スキルです。人物スキルは対面でしか判断できません。ネット上の人に就職のアドバイスを求めても、駄目な自分は変わりません。就職課の人に、対面式でダメ出しをしてもらってください。早く自分のダメさに気づけば良い就職活動ができるはずです。「自己PRや志望動機の内容以前の問題」で落ちている就活生が多いのです。それを知らない、もしくは知りたくない人たちが、くだらない文章チェックに時間を費やし、自分の人間力の部分に目を向けないのです。

投稿者プロフィール

Utsuさん
Utsuさん1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜
1976年1月愛媛県愛南町生まれ (自称)日系大手企業の内情に世界一詳しい男

1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。

2000年 外資系IT企業(i2 Technologies)にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No.1を2年連続で達成

2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。

2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。

2006年 30歳で日本に帰国。Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。

2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

〜スコティッシュフォールド(茶々丸)とマンチカン(チビ)の猫2匹と一緒に港区六本木在住〜