キャリアアップを目指す社会人の心得

社会というのは理不尽なものです。あなたが右と信じていても、左という人もいる。そうやって真ん中の腑抜けな判断がされていくものです。政治の世界なんていうのは良い例でしょう。立派な社会人になるという事は、それら妥協の判断に慣れていく事かと思います。
私はそれを違うと考えて生きてきました。立派な社会人になる事を拒否してきました。ただそれを拒否するためには、組織の中に所属しつつも実力をつけて上に上がっていく。それによって自分が判断できる立場になるわけです。実力がない中で何を言ってもダメです。
社会に揉まれても、呑まれて欲しくない。自分の本当の価値を発揮するまで実力をつけていって欲しいと考えています。それを取り上げたのがこの動画です。

どうせならデキる人になりましょう。私が何万人と社会人と触れ合ってきた結果、デキる人には共通点があります。デキる人は変えられる未来だけを語ります。そしてその変えられる未来を日々大きくしていきます。出来ない人は変えられない未来ばかりを愚痴ります。本動画でそれを解説しています。

あなたは何のために働いていますか?仕事に意味を見出さないとホワイトカラーのしごとは続きません。現在あなたが20代であれば定年は75歳くらいでしょう。長いサラリーマン人生ですね。みんなから羨ましいと思わえるような会社に入ったら続きますか?あなたを動かしているモノは何ですか?カネですか?名誉ですか?働きやすさですか?人生を自分のモノにするために私は20代のうちに自分の人生の目的を見つけるべきだと考えています。

会社の中で自分の立ち位置を上げていくためには、成長しなければいけません。成長するためには、目標が必要でしょう。みなさんはどういう目標がありますか?将来は社長?政治家?1億円プレイヤー?
私が意識した事は、
・まず自分の実力を正確に理解する事
・そして自分の実力でギリギリ到達できる目標を達成する事
・達成した後はそれがいつしか普通にできる事となり、また実力ギリギリ到達できる目標を設定し、続けてきました。
人生大逆転なんてありません。1つ1つ積み上げていくんです。ブロガーやアフィリエイターに騙されて、FXや仮想通貨、利回り80%の投資話で大損しないようにしてください。こちらの動画で紹介しています。

私は新卒でIT通信機器を売る会社に入社しました。3ヶ月の研修を終えて、営業職に配属をされました。多くのメーカを取り扱う会社でしたから、メーカごとに製品価格表がバラバラでした。当時、全ての営業マンはその価格表から、製品型番や製品名を見積書にコピペする大変非効率な業務を行っていたわけです。私は新卒入社1年目の正月に、それを改善する仕組みを作りました。2年2ヶ月でその会社を辞めるわけですが、私が退社した後2年くらいはその仕組が使われていたようです。

よく私は、「人生の目的をみつけ、手段として仕事を位置づけなさい。そしてそれは、社会に入ると変わってくるからその時に考えなさい」という話をしています。就活中の大学生ではこの人生の目的をみつけるのは難しいかもしれません。仮決めして就活をしてください。私の場合は「日本の食を世界に広めたい」という事でした。ただ、この入社1年目の経験を元に、自分は「非効率な企業を効率化したいんだ」という事に気付きました。41歳でサラリーマンを辞めるまで、変わらずその人生の目的を手段として、仕事をし続ける事ができました。こちらの動画でご紹介をしています。

仕事をしていると、毎日がいろんな問題解決の連続である事に気がつくと思います。1つの問題を解決すると、また1つ新しい問題が出てくる事でしょう。それに嫌気がさす若者が多かったです。
それを解決するためには、問題の根本原因を見つける事、それを解決する事を意識するべきです。おそらくそれが「やりたい事」ただ毎日問題解決のために自分の時間を使うわけにはいきません。8割の時間は日々のクズ作業、つまり「やるべき事」に追われていたとしても、2割の情熱で取り組んでください。逆に2割の時間で自分が「やりたい事」を、8割の情熱で取り組んでください。「やるべき事に」追われるよりも、「やりたい事」を追いかける。自分の情熱の配分を考えて仕事をしてみてください。それを解説しているのがこの動画です。

以降余談ですが、たま〜に「オススメの本を紹介してください」という話があります。仕事の中でアウトプットできる本を読むべきだとは思いますが、基本動作に関わるものを下記動画で紹介をしています。

コメントはYouTube動画にてお願いします。

投稿者プロフィール

Utsuさん
Utsuさん1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜
1976年1月愛媛県愛南町生まれ (自称)日系大手企業の内情に世界一詳しい男

1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。

2000年 外資系IT企業(i2 Technologies)にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No.1を2年連続で達成

2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。

2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。

2006年 30歳で日本に帰国。Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。

2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

〜スコティッシュフォールド(茶々丸)とマンチカン(チビ)の猫2匹と一緒に港区六本木在住〜