就職留年はオススメしませんが裏技もあるね

私は就職留年/浪人はオススメしません。そもそも大卒の就活はポテンシャル採用。面接を経てあなたの事を見た上で、NOなのであれば、1年経ってもNOです。なぜならその人は1年経っても変わらないからです。自分を見つめ直し、人生の目的を見つけ、手段として会社を位置づける。これが出来なければ結果は同じです。自分の事すらしっかり話せないわけですから。

現役青山学院大学と1浪早稲田大学であれば、私は現役青山学院大学の方が「処理能力」という観点では評価をします。やっぱり素材なんです。駄目だった人は社会に出て、自分を見つめ直した方が良いと思います。もし就職浪人に見えないように1年延ばすのであれば、留学などをうまく使った方が良いと思います。

投稿者プロフィール

Utsuさん
Utsuさん1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜
1976年1月愛媛県愛南町生まれ (自称)日系大手企業の内情に世界一詳しい男

1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。

2000年 外資系IT企業(i2 Technologies)にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No.1を2年連続で達成

2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。

2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。

2006年 30歳で日本に帰国。Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。

2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

〜スコティッシュフォールド(茶々丸)とマンチカン(チビ)の猫2匹と一緒に港区六本木在住〜