【就活】笑顔でお祈り1次面接 評価軸と対策

1次面接は振り落とされる作業です。面接官は上司に面接させても失礼ではない程度の学生を合格させたいと思っています。

  • マナー
  • 見た目
  • 当社への適正

これら3つくらいを、中堅の社員が見るのが1次面接です。

 

最大のポイントは複数の面接官によるポイント制だという事です。

複数の面接官によるポイント集計になりますので、全ての面接官から減点をされないように気をつける必要があります。

それではどのように振る舞えば良いのか?私はアナウンサーのように振る舞うべきだと思います。アナウンサーは極端な事はしません。中の上をキープします。テレビのアナウンサーがどのように振る舞っているかじっくり見てみてください。あれが1次面接の大切なロールモデルとなります。

投稿者プロフィール

Utsuさん
Utsuさん1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜
1976年1月愛媛県愛南町生まれ (自称)日系大手企業の内情に世界一詳しい男

1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。

2000年 外資系IT企業(i2 Technologies)にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No.1を2年連続で達成

2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。

2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。

2006年 30歳で日本に帰国。Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。

2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

〜スコティッシュフォールド(茶々丸)とマンチカン(チビ)の猫2匹と一緒に港区六本木在住〜