就活失敗する人に最も多い特徴〜「最後に質問はないですか?」を例に説明〜

仕事ができない人、昇進できない人、就活失敗する人。こういう人達の共通点は意図がないという事です。会話や行動に意図が無いのです。これさえ改善すれば逆に平均以上の人とも言えます。面接で聞かれる「最後に質問はないですか?」という質問に対して、何を聞いても良いです。しかし「なぜその質問をしたのですか?」と面接官に聞かれたら、「こういう意図でお聞きしました」と答えられる事を聞いてください。

意図というのは何も会話だけではありません。お辞儀をする時にも「私を選んでください」という意図があればよく見えます。選んで欲しい意図があれば、手書きのエントリーシートの文字は丁寧になりますよね?常に意図のある、会話/行動を意識する。これにより平均以上の評価を得られるようになります。

投稿者プロフィール

Utsuさん
Utsuさん1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜
1976年1月愛媛県愛南町生まれ (自称)日系大手企業の内情に世界一詳しい男

1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。

2000年 外資系IT企業(i2 Technologies)にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No.1を2年連続で達成

2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。

2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。

2006年 30歳で日本に帰国。Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。

2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

〜スコティッシュフォールド(茶々丸)とマンチカン(チビ)の猫2匹と一緒に港区六本木在住〜