【就活】リクルーター面談の対策と戦術

リクルーター面談は選考の1つです。多くのリクルータ面談は、自分の大学の先輩が相手をしてくれるのではないでしょうか?それは学生が話しやすくする意図があります。まず最低限のマナーを理解して臨む。相手先の企業を調べてから臨む。面接と同じ服装で臨む事が大事です。選考の1つですから。基本的な目的は話す価値の無い学生を若い社員にふるい落とさせる事です。

リクルータ面談は、リクルータ同士の推薦合戦にもなります。リクルータに気に入られることはメリットでしかありません。気に入られるためにどうするか?相手が20代の場合は共感目線で会話しましょう。また、自分が話しすぎるのは禁物です。難易度は高いですが、リクルータに気持ちよく話をさせる事ができるコミュ力を持っている人は、リクルータに話させてください。

リクルータは就活生から質問を求めてくるでしょう。仮にアピールポイントがあれば、ダイレクトにそれをアピールするのではなく、リクルータ側から聞きたくなるような質問の仕方をしましょう。その手法を動画で紹介しています。

投稿者プロフィール

Utsuさん
Utsuさん1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜
1976年1月愛媛県愛南町生まれ (自称)日系大手企業の内情に世界一詳しい男

1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。

2000年 外資系IT企業(i2 Technologies)にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No.1を2年連続で達成

2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。

2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。

2006年 30歳で日本に帰国。Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。

2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。

〜スコティッシュフォールド(茶々丸)とマンチカン(チビ)の猫2匹と一緒に港区六本木在住〜